読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インデックス投資をベースとしたゆる~い資産運用

インデックス投資信託をベースとした資産運用者(オッサン)がココにもいることを発信しようと実践中です。

mineoに切り替えて1ヶ月経過

コスト削減

今回は「コスト削減」という観点での掲載となります。

 

資産を増やすための手段として、コスト(支出)の削減はありきたりですが有効と考えています。

しかしながら、将来への自己投資費用や、モチベーション向上のための費用など、一概に削減することは悩ましい場合もあると考えています。

 「何をコストとしてみなすか」「コストをどう削減していくか」については、私なりに考え、実践していることを整理する予定です。

 

今回はコスト削減の王道?である「スマホ代の削減」について掲載します。

 

携帯の通信サービス会社を、2016年11月にmineo(マイネオ)へ切り替えました。

結論として「なんでもっと早くやらなかったんだろう」の一言です。。。

 

私の携帯代の変遷です。

 ~2015/4    au:約7,000~8,000円/月
 ~2016/10  Y!mobile:約4,500円/月
  2016/11~ mineo:約2,000円/月(※1)

※1 :ドコモプランの3GB、かつ留守電サービスを付帯。携帯電話はY!mobile時のものを使用。電話番号はMNPau時から継続使用。

 

au時代と比較して、私一人で年間60,000円以上のコスト削減です。

Y!mobileでもmineoでも、解約料金を支払うことになりましたが、半年以内には相殺できる計算です。

 

携帯の機種や、圧倒的な速度、キャリアはドコモなどのこだわりが無ければ、格安SIMへの切り替えを検討するのは、「コスト削減」に有効だと考えています。

 

なおmineoは、2016年12月24日現在、「12ヶ月以内にMNP利用する場合、13ヶ月以降と比較して約10,000円追加費用が発生する」ことにご留意ください。

最低利用期間は設定していません。